レギンスソック

レギンスソック

自分に合った丈のレギンスを選んでコーディネート

レギンスはストレッチ素材で作られた脚にフィットするタイプのレッグウェアです。スパッツも同様のものを指しています。レギンスの着こなし方を知っておくと、ファッションのバリエーションが広がります。コーディネートで定番とされているのが、チュニックと合わせるものやミニワンピースと合わせるものです。ミニワンピースを合わせる場合、裾がバルーンになっているものも良いですが、薄い生地でサラサラした素材のスカートの方がコーディネートしやすいとされています。レギンスにはラメの入ったものや柄のあるものなど様々な種類がありますが、どんな服にも合わせやすいのは黒いものです。黒色は脚が細く見えるだけでなく、合わせる服によって大人っぽくすることもカジュアルにすることもでき、大変便利なファッションアイテムです。ぺたんこ靴に合わせればガーリーな雰囲気、ヒールのある靴に合わせればモードな雰囲気になります。また、丈は10分丈が基本ですが、12分丈の裾を丸めてボリュームを出して履く方法もあります。近年は、7分丈や5分丈も人気です。10分丈に比べて5分丈や7分丈は足の露出が増え、足の太さが気になってしまうことがありますが、これは自分に合ったスタイルのものを選ぶことで解決できます。

女性のファッションアイテムに欠かせないレギンス

日本でレギンスが普及し始めたのは2006年頃だと言われています。それまではミニスカートを履いたとき、下着が見えてしまう状態や素肌の足をさらけ出した状態でした。しかしこの商品が出るようになってからは、とても短いミニスカートやワンピースを着たときでも素足をカバーしてくれて好評でした。それまでスパッツというものはありましたが、スポーツウェアの下に着るようなイメージや肌をやや締め付ける履き心地がいまいちでした。その点レギンスは綿素材で出来ている物が多く柔らかくて履きやすい、いろいろな色や柄がありファッション性に富んでいる、素足よりも足を細く見せる効果もあり多くの女性から支持を得たのです。その後トレンカと呼ばれる足の土踏まずに引っかけて履くタイプのものも流行りだし、女性がミニスカートやショートパンツをはく時には素足ではなくこれらのアイテムを使うことが多くなりました。また夏に履くことが多いアイテムであるので、ファッションだけでなく日焼け防止や蚊に刺されにくいなど意外な効果も人気の理由です。最近では男性向けのレギンスというのも売り出されており、女性と同じくショートパンツの下に履いてファッションを楽しむ男性が増えています。

Valuable information

カビでお悩みのご家庭に。

防カビスプレー

最終更新日:2017/7/3


ページトップ▲